読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラズパイ3にssh接続する(無線LANのIPアドレスを固定する)

ラズパイ raspberry pi

ラズパイ3にssh接続するためには、無線LANIPアドレスを固定しておく必要があります。 いつの間にかIPアドレスが変わっていたら、IPアドレス指定で接続できなくなるためです。 (ホスト名で繋ぐ方法もありますが、IPアドレスで接続する方が基本的でよく使われる方法です)

wpa_supplicant.conf

まず、wpa_supplicant.confに無線LAN情報を記述します。 次のコマンドを実行してください。

$ sudo sh -c 'wpa_passphrase SSID PASSPHRASE >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'

SSIDとPASSPHRASEは、お使いのルータの値に変更して実行してください。

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイルには、生パスワードと暗号化されたパスワードが併記されます。 安全のため、生パスワードを削除しておきましょう。

$ sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=GB

network={
        ssid="SSID"
        #psk="生パスワード" #<-既にコメントアウトされていますが、行ごと削除しましょう
        psk=xxx...
}

静的IPアドレスに指定できる範囲を確認

お使いのルータの管理画面で動的IPアドレスの範囲を確認してください。 その反対が使えるIPアドレスの範囲になります。

f:id:zhihong:20160908215303p:plain

僕の使っているルータでは、192.168.0.100以降を動的に割り当てるように設定してあるので、99までの値であれば静的に設定できます。 192.168.0.22を割り当てることにします。

dhcpcd.conf

Jessieでは/etc/dhcpcd.confファイルへ設定内容を記述します。

$ sudo vi/etc/dhcpcd.conf
# 追記
# Static IP
interface wlan0
static ip_address=192.168.0.22/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1

domain_name_serverはroutersと同じくルータのアドレスで構わないようです。

これでIPアドレスを固定できました。 sshは特に設定などは必要なく接続できました。