読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows10がNASに繋がらなくなった【解決】

たぶんこの前Windows10のアップデートが走ってからだと思いますが、これまで普通に使えていたBuffaloのNASが急に繋がらなくなってしまいました。

 

なんとか繋がりましたが、とにかくWindows10の設定方法が分かりにくく、WEB上の情報もヒットしにくいので、備忘録としてまとめました。

 

環境

OS:Windows10

NAS:Buffalo LinkStation

 エラーメッセージ

NASにアクセスしようとしたときに、次のようなメッセージが表示されます。

"指定されたログオンセッションは存在しません。そのセッションはすでに終了している可能性があります。"

"この接続は復元されませんでした。"

f:id:zhihong:20160916220919p:plain

 

設定方法

 コントロールパネルを開きま……無い!

まさかコントロールパネルを開くために検索する羽目になるとは……。

Windowsキー+Sを押して、「コントロールパネル」と打ちましょう。

 

f:id:zhihong:20160916221221p:plain

 

こんな感じで、コントロールパネルを開いたら、表示方法を小さいアイコンに変更します。

f:id:zhihong:20160916221242p:plain

 

次に資格情報マネージャを選んで、 

f:id:zhihong:20160916221302p:plain

 

Windows資格情報を選択します。

f:id:zhihong:20160916221428p:plain

 

IPアドレスとユーザ、パスワードを入力します。

試しにNASに元々用意されてる管理者権限のユーザを使いましたが、これは良くないですね。NASのWEBインタフェースでログインしてユーザを追加し、そのユーザを使うようにして下さい。

f:id:zhihong:20160916221509p:plain

 

資格情報マネージャに資格情報が追加されました。

f:id:zhihong:20160916221548p:plain

 

これでNASに繋がるようになりました!

どうやら古いSMBを使っているNASへの接続に資格情報が必須になったようです。

 まあしかしわかりにくい……。