読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子よ因果を学べ

子育て

  最近ようやくお座りっぽい事ができるようになった息子。夕飯時にあぐらをかいた脚の上にのせると、テーブルの上の茶碗に手を伸ばす。案の定倒す。(やっちゃった!)って顔をする。初めて見せる表情。ほら、こうなっちゃうんだよ、ダメだよと言いながら頭を撫でてやると、今度はランチョンマットの端を両手で握りしめる。息子、マチャアキのあれをやるつもり。それならと、味噌汁と茶碗を空にしてマットにのせ、まだ手をつけてない梨の皿をどかした。好きなようにやってみろと。案の定茶碗が転げ、味噌汁の椀が畳に落ちた。息子はまた(やっちゃったー!)って顔をする。

 これでいい。危ないからダメではなく、軽微の被害で済むなら失敗させよう。自分の働きかけがどのような結果をもたらすか、因果を学んで貰おう。0歳の子供が失敗した事がわかるのには驚いたが、母親の表情を見て何かを感じているのかもしれない。思いがけな動きに驚いているだけかもしれない。いずれにしても学びはあるに違いない。

広告を非表示にする