読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aspire One Cloudbook 11のWindows10をCreators Updateに更新

Acer Aspire One Cloudbook 11 AO1-131-F12N/KK のWindows10をCreators Updateに更新できました。

 

Cドライブの空き容量が8GB必要とのメッセージが出るので、最初はギリギリ8GBを空けて更新をかけましたが、インストールの途中で失敗しました。

10GB空けて再トライしたところ、うまくいきました。

それなら最初から10GBが必要と言ってくれればいいのに……。時間を無駄にしました。

 

10GB空けるのはなかなか苦しかったのですが、後から入れなおせるものは全て消し、使っていないプリインストールのアプリも全て消す勢いで進めればなんとかなります。

僕はこんな感じに消しました。

acer製プリインストールアプリ全て

・Kinsoft Office

Chromeのキャッシュ

 ※Chrome自体の再インストールが億劫でなければまるごと消してもよいでしょう

iTunes

 ※データフォルダは元々シンボリックリンクで別ドライブに配置している

 iTunesのバックアップデータ保存先をCドライブ以外に指定する方法 | SimpleStock3.1

iCloud

・ユーザフォルダの隠しフォルダ"AppData"のうち、フォルダ名にAppleと付くもの全て

マカフィー(WindowsDefenderで十分)

 

もちろんゴミ箱やディスクのクリーンアップは実行します。

 

C:\OEMフォルダは外付けHDDに移動しました。

 

アップデート後、約10GBのwindows.oldフォルダができましたが、これはクリーンアップで消せるフォルダです。

つまり、アップデート前に空けた容量そのまま、アップデート後も空き容量として維持できています。

 

Creators Updateで何をするというわけでもないのですが、なんとなく全体的な動作がキビキビしているように感じます。

このマシンは元々もっさり感が強いので、違いを体感できます。

今後のメジャーアップデートでは容量の問題でアップデートできる保証はありません。

今回は無理してでもアップデートしておいた方がよいと思います。